似合うメガネを選ぶ

卵型・面長など顔の輪郭に合わせてメガネを選ぶ

卵型の顔はどんな眼鏡も似合うと言われているのになかなか似合う眼鏡に出会えない、そんな経験はありませんか?卵型の顔は最もバランスが良く理想的だと言われています。自分の顔は卵型と思っていても、実は『三…

アウトドア・インドアなど目的のシーンに合わせてメガネを選ぶ

メガネは一つではなく、アウトドア用、インドア用と用途別に購入していくことがおすすめです。なぜなら、メガネを使う目的が変わってくることがあるからです。例えば、アウトドアでは遠くを見る必要が出てくるこ…

全身鏡を見ながら全身のバランスに合わせてメガネを選ぶ

同じメガネでもデザインで印象が大きく変わる

メガネは顔だけではなく体全体のイメージを大きく変えるファッションアイテムです。同じメガネでもデザインのわずかな違いでイメージがまったく異なることも珍しくありません。メガネを選ぶ際は顔の雰囲気だけにこだわるのではなく、服装と合致するように気を配ることが重要になります。メガネはレンズとフレームだけで構成されているシンプルなファッションアイテムですが、それだけにデザインのこだわりは個性的です。ビジネススーツやカジュアルウェア、スポーツウェアなど着用する衣類に合わせてメガネを選ぶのがおしゃれへのこだわりの第一歩と言っても過言ではありません。メガネのデザインの特徴を学ぶ意味でも、複数のメガネを使い分けることが重要になります。 一般的にフレームが細く、レンズも横長なデザインになるほどシャープなイメージを持ちます。スタイリッシュで活動的なファッション、またはビジネスの現場に最適ですがその一方で冷たい感じもするので和やかな場にはあまり向いていません。リラックスできる場ではフレームが太く、レンズも大きいメガネが良いとされていますが、これはメガネのサイズが大きくなるほど柔らかいイメージが強くなるためです。親しみやすいイメージを持たせるなら大きなメガネが最適と言えます。

状況に応じてメガネを使い分けるのが社会人のマナー

衣服は防寒やファッションだけではなく、状況に相応しい身なりを整える制服の意味もあります。メガネも同様であり、どのような状況でも同じメガネを使い続けるのは決して褒められる行為ではありません。メガネは視力矯正の道具ですが、同時にファッションアイテムでもあります。フレームのデザインや装飾によっては特定の場に相応しくないとされることもあるので注意しなければいけません。一般的にビジネスや冠婚葬祭の場ではシックで落ち着いたデザイン、カジュアルな場では遊び心を持つ個性的なデザインが良いとされています。デザインの良し悪しは個人のセンスが大きく関係するので、いくつものメガネを使い分けてメガネの選び方を学ぶことが重要です。 社会人が使うのに相応しいとされているメガネはシンプルで高級感のあるデザインが多数を占めます。これはメガネに汎用性を求めているのが大きな理由です。派手な装飾を使わず、落ち着いたデザインのメガネはどのような場で使っても違和感が無いためです。その一方でどこでも使えるデザインのメガネは面白みに欠け、印象が薄い欠点もあります。メガネをファッションアイテムとして使いこなすには社会人としてのマナーを踏まえつつ、状況に最適なデザインを判別できるセンスを持つことを心がけます。

メガネはファッションアイテムとしても有効

メガネは目が悪い方がかけるだけでなく、ファッションアイテムでもあります。ガラッと印象が変わることもあります。

メガネの種類や機能

遠近両用などのメガネレンズの種類

ブラウン系やサングラス系などのオシャレ用カラーレンズ

紫外線カットや眼の疲れを抑えるなどの機能レンズ